• ホーム
  • 株のデイトレードは儲かるの?

株のデイトレードは儲かるの?

副業をするときには、代表的な株式投資を行う人が多いです。
本業だけでは収入が満足いかない人は、投資活動をすることで格段に収入を上げることができます。
時間的に少し余裕がある人は、株式投資を始めてみるといいでしょう。
いろいろな投資方法があり、投資方法によって名称がついています。

数分から数十秒でポジションを持って、決済することをスキャルピングと呼んでいます。
その日のうちにポジションを決済する取引方法はデイトレードと呼んでいます。
数日から数週間の場合には、スイングトレードという株取引で呼ばれています。
それ以外の方法は長期トレードと位置づけされています。

デイトレードの最大のメリットはその日のうちに決済をしてしまうので利益が出たのか、損失がでたのか1日でわかることです。
そのため、すぐに成果がほしいひとはデイトレードに挑戦してみるといいでしょう。
チャートの読み方がしっかりとわかれば、その流れについていくだけなので難しいことはありません。
デイトレードをすることによって、急な指標発表の時に迅速に対応することができます。
ある程度チャートが読めるようになると、1日中パソコンに張り付いておく必要があります。
損切りのラインを設定しておき、利益確定のポイントを決めておくことで、リスクを限定して自動的に株で儲けを出すことができます。
そのため、会社員の人やパートをしている人でも株で儲けることができます。

デメリットとしては、精神力が必要になってくるので、生活に使うお金を使わないようにしましょう。
初心者の人ほど、はやく利益を出したいと焦ってしまい、ポジポジ病になってしまいます。
ポジポジ病とは、ポジションを持っていないと、不安になってしまう病気です。
ポジションを持っていないときにポジションを早く持ちたいという焦りがでてしまうので、デメリットが多い場所でエントリーしてしまうことになります。
初心者ほど、資金効率から頭を離して、しっかりとチャート分析を行いましょう。

デイトレードは精神的に強くなくてはいけない

株で稼ぐときに一番資金効率がいい稼ぎ方がデイトレードです。
利益が出た分は、上乗せしてエントリーすることができるからです。
大きなメリットとなるので、初心者はデイトレードから始めるといいでしょう。
短い取引を何度も行い、短期間のうちに大きく稼ぐことができるのもメリットの一つです。

長期投資の場合には、エントリーから決済までの期間が短いので、成果を出しにくいです。
すでに成功して、金銭的な余裕がある人が長期投資を行いましょう。
株にはリスクがつきものなので、精神力を常に鍛える必要があります。
勝っているときでも負けているときでも決済ポイントで迷ってしまうからです。
わかっていても損切りができない場面が何度もくるので、あらかじめ損切りのラインを決めておくといいです。

短い取引を短期間で何度も繰り返すので、エントリーのたびに損切のラインを設定しておくことが大切です。
予想と逆方向に大きく動いたときに手動だと損切ができなくなるからです。
エントリーのときに損切りのラインを決めておくことで、機械的に損切りをしてくれます。
精神力に関係なく、損失を限定できるので、損失の範囲をルールとしてあらかじめ決めておくといいでしょう。

利益を獲得するときにもどのポイントで決済するか迷ってしまいます。
そのため、決済に関してもエントリーのときに決めておくといいでしょう。
自動で決済と損切りをすることでトレード中に精神的に安定して集中できます。
ポジポジ病に関しては、わかっていてもエントリーしてしまうので、経験が大切です。
何度失敗しても勉強してあきらめることがなければ、成功に近づくことができます。
そのためには、すでに成功している人の手法を真似しましょう。